バスオさんの部屋

ヴァイオリンやコントラバスなど弦楽器のことを中心に、子どもさんのお稽古や楽器管理のアドバイス。アマチュア・初心者の方のおススメ楽器など。

楽器関係のドラマ・映画

映画「四月は君の嘘」で描かれる‟コンクール”と‟楽譜通りに”の意味

投稿日:

映画「四月は君の嘘」を観ました。

Prime Videoをスクロールしていて、バイオリンを構えるジャケットが気になって観たのですが、内容は私のようなおじさんではなく10代の若者たち向けの青春・恋愛映画。

しかし映画の中にクラシック音楽を学ぶ中でしばしば子どもたちが直面する葛藤が描かれていて、思わず最後まで観てしまいました。

この映画の一つのカギになっている音楽を学ぶ上で避けられない「コンクール挑戦」、そして「楽譜に正確に」この二つのキーワードについて映画を参考に解説していきます。
この記事を読むと、コンクールに挑戦すること、楽譜に正確に演奏することの本質的な意味を知るヒントが得られます。

 

あらすじ

幼い日に天才少年としてたくさんのコンクールの優勝経験を持つ有馬公正(山崎賢人) 、しかし演奏中に自分の音が聴こえなくなる経験をして以来、恐怖でピアノから遠ざかっていました。

そんな有馬の前に楽しく自由にバイオリンを奏でる宮園かをり(広瀬すず)が現れ、彼女を通して公正はピアニストの道に戻っていくというストーリーです。

“楽譜に正確”にのトラウマ

有馬がピアノを弾けなくなった原因として、厳格なピアニストである母親の指導によるトラウマが描かれます。母親は自分の死期が近いことを悟り、残される息子の成功を願うあまり、半ば脅迫的に楽譜に正確な演奏を強いるようになります。

母親が譜面に正確な演奏を求めた一因は、コンクールでの評価にありました。コンクールで認められピアニストとしての地位を確立していくために、楽譜に忠実・正確な演奏をことさらに求めるのです。そしてそのことによって有馬は天才少年としての高い評価を得ていきますが、皮肉なことにこのことが公正がピアノに対する恐怖心を与える原因になってしまうのです。

一方、宮園は公正とはま逆で、楽譜に縛られない自由な音楽で聴衆を魅了していきます。自分とはまったく違う音楽を奏でる宮園に惹かれ、やがて公正はもういちど音楽に向き合っていく意欲を得ていくのです。

音楽コンクール

この映画で描かれる音楽コンクールとそこでの評価は、子どもたちが音楽を学んでいく上で常に問題になる重大なテーマです。

そしてこの映画にあるとおり、コンクールでの評価を得るためには楽譜に正確で間違いの無い演奏が求められます。

どんなに音楽性が豊かでも譜面を正確に弾くことが出来なければ、音楽性の無い正確な演奏に劣るものと評価される、これはコンクールの鉄則です。

宮園は譜面を独自に解釈し自由に音楽を奏でるゆえ聴衆の心に訴えかける力を持っていながら、審査員の評価は高いものではありませんでした。

クラシック音楽の型

何事においても型は重要です。歌舞伎や落語でよく言われる「形無し」と「型破り」の違いはクラシック音楽にも当てはまります。

クラシック音楽にも型があります。特に西洋音楽の歴史の外にある日本人がクラシックを学ぶ上で、型を徹底的に身につける必要があります。

クラシック音楽を極めたような指揮者の小澤征爾さんはご自身の音楽家としての歩みをこのように表現しておられます。

小澤征爾:東洋人である私が西洋音楽をどこまで理解できるか、表現できるかの実験 

あれほどの音楽家がなおこのように言い続けるほどに、クラシック音楽の型を身に着けることは険しい道のりです。

それゆえに西洋の音楽として楽譜に忠実に演奏できることがコンクールで第一の評価基準として問われることは正しいことであり、それが無ければ「形無し」の音楽に終わってしまいます。

型にこだわるばかりに…

一方で型にこだわるばかりに、音楽を奏でる楽しみや喜びを見失い、苦痛になって音楽を離れてしまう子どもさんも少なからずいます。

この辺りは師事する先生の腕によるところがかなり大きいように思います。優れた指導者は型の重要性と子どもの個性や表現力・音楽性の両方を視野に入れて指導します。

指導者の腕の見せどころ

現在、専門的に音楽を学ぶ子どもたちにとってコンクール挑戦は避けられない道です。実際、コンクールに挑戦することで得られる成長は大きなものがある一方、明確な順位付けがされるゆえに、子どもにとっても親にとっても厳しい現実を突きつけられる場でもあります。

そこで指導者・教師に問われる能力として、コンクールの評価を踏まえつつコンクールの評価に縛られず、それを超えた価値観を提供できるかということがあります。

私の子どもが正にそうだったのですが、型よりも表現したいことに音楽の関心が傾きやすいところがあって、小さな頃はコンクールでもう一つ評価を得られませんでした。

そういう中で、先生はコンクールで評価の対象にならない子どもの持つ豊かな音楽性を認め評価しながら、コンクールで問われている内容の重要性も丁寧に教えてくださり、両面を伸ばしていってくださいました。

そして段々に型の部分が整っていった時に、ある時期から一気にコンクールでの評価が高まっていくという経験をしたのです。

型が先か音楽性が先か

型が先に整い型の中から豊かな音楽が生まれてくるお子さんがいますし、逆に豊かな音楽が段々と整えられ型にはまっていくというお子さんもいます。

日本の教育法の場合、前者に偏り過ぎる帰来があるのかもしれませんが向き・不向きの面があります。前者の順番に合わないお子さんは短絡的に「能力なし」と結論付けられやすいのですが、後者の順番を認めてくれる先生に出会って一気に開花することもありますし、またこの中間ということもあるでしょう。

まとめ

映画で描かれる“公正”と“かをり”、どちらの音楽が正しいということではありません。型も音楽性もどちらも大事で、学び続ける中で両者が調和していくことが理想です。

そしてその調和に至るのには色々な順番があり、それは子どもさん・指導者の個性によって変わってきます。一つの道筋で上手くいかないからと言ってそれでダメと決めつけるげきではありません。ただその順番の違いによって、コンクールの評価のスピードは違ってきます。

けれども、幼い時にコンクールで高く評価されていたお子さんがある時からさっぱり評価を得られなくなり、ある時まで評価を受けられなかったお子さんが一気に評価を高めていくということがしばしばあります。

ですから、コンクールは本人の現在位置や状態を客観的に把握する良い機会ではあるのですが、特に小さい頃の結果に一喜一憂するべきではありません。一喜一憂せずに、自信を持って指導してくださる先生・応援してくれる親御さんのもとで音楽を学べる子どもは幸せです。

映画「四月は君の嘘」を見ながら、子どもたちにとって音楽を学ぶことが幸せな機会であってほしいと改めて思いました。

四月は君の嘘 DVD 通常版

 

-楽器関係のドラマ・映画

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

ドラマ「G線上のあなたと私」の「G線上のアリア」って?

2019年10月15日からTBSで毎週火曜よる10:00から「G線上のあなたと私」というバイオリンをテーマにしたドラマがはじまるそうです。 これはバイオリンなど弦楽器に関する情報発信ブログ「バスオの部 …

映画「オケ老人!」から考えるアマオケ

映画「オケ老人!」を観ました。荒木源 原作の同名小説から2016年に映画化された作品。びっくりするようなストーリーの意外性はありませんが、楽しい中に音楽に関わる者として日頃から感じる本質的な問いもあり …

映画「アイネクライネナハトムジーク」のタイトルってあの名曲のこと?

すでに上映がはじまった映画「アイネクライネナハトムジーク」、同名小説を映画化した話題作です。 街頭アンケート中にたまたま出会い、10年後にプロポーズ。そんな佐藤(三浦春馬)と紗季(多部未華子)の関係を …